スポンサーリンク

過労の症状で毎日眠い、疲労感から回復できない人に送る記事

スポンサーリンク

人生に疲れた……

働きすぎた……

会社に行きたくない……

もう仕事をしたくない……

学校に行きたくない……

そんなことがふと心に湧いてしまう毎日の中で、ネットで現実逃避していたらこのサイトに辿りついてしまった人もいるだろう。

雇われて「週5日間」「1日に8時間」以上働いていたらそういう呻きのような心の声が自分の奥底から湧いてくるのは無理もない。

働きすぎれば疲れるのは当然なのだが、日本では「働きすぎる」ことが一般的になっている。

残業も当たり前だし、休日出勤まであるところさえある。

しかも残業代がでないところも。

これでは半奴隷労働としかいえないような状態と言えるだろう。

社蓄なんて言葉が一般化して使われているくらい、日本ではこんな状態が長年続いているので、「人生に疲れた」とか「生きている意味って……」なんて声が漏れてしまうのは当然なのだ。

立ち止まることさえも、歓迎されない。

キャリアに空白ができたら、次の就職に不利になる。

失業手当だって、自己都合退社だったらすぐでないし……

だから、辛くても働かなければいけない……

そんな行き詰っている人たちに、もしかしたら役立つかもしれないこのサイトの記事を以下にまとめた。

スポンサーリンク

過労の症状で毎日眠い人、疲労感から回復しない人に役立つかもしれない記事

過労で疲労感が続く……疲れてぐったりしている人へ

過労が続けば、ストレスが溜まる。

ストレスは、様々な病気の原因になる。

だから過労状態が継続し限度を超えれば病気になってしまう。

睡眠時間は身体が回復するには必要だし、毎日眠いという人は、この身体を回復させる時間が足りていないからそう感じるのだろう。

だいたい毎日眠いというのは、身体が「休みたい」と言っているサインだ。

そのままの状態が続けば疲労が溜まり、最終的には身体にもっと重大な異変が出てくることになるかもしれない。

病気になったら、会社が全部責任をとってくれるかといえば、そうでもない。

使えなくなったらクビにするなんてことは、よくあることだ。

俺の知人でもそうなった人はいる。

「過労の症状が続いて疲労感が回復しない」と今感じている人は、使い捨てにされる前に、自分の人生にとって何が大事なのかよく考えて行動に移す必要があるだろう。

確かに生きていくのにお金は必要かもしれないが、身体を壊したら今の仕事はできなくなり元も子もない。

過労からくる疲れ・ストレスは簡単にはとれないし回復しない。その解消法とは

疲れは、放っておけば溜まる一方。

休日に外にでて遊びに行っていたら過労からくる疲れは取れない。

どうやったら疲弊状態から回復できるのか。

過労からくる疲れとその回復・解消法については、以下の記事に書いている。

「疲れが取れない」人が知っておくべき、疲れをとる方法
人は、無理をすれば疲れる。 だが、日本には無理をするのが称えられる社会風土があるため、暗黙のうちに無理を強いられる。 たくさんの...
「やる気がでない」のも疲労の症状? 長期で仕事を休めば疲労から回復できるのか
7月の終わりくらいから、何か鈍い疲労感があった。 身体がダルいし、肩も凝る。 暑いからか、いまいちやる気がでない。 週休5...

過労と疲れる働き方を前提とする日本社会について

なぜ、こんなに働いて疲れてしまうのか。

そんな状態を「普通」とする日本の働き方はちょっとおかしいと思う人も多いだろう。

この社会に対しての俺の意見は以下の記事に書いている。

「疲れた……」が溢れる日本社会。人生がしんどいと思うほど仕事が辛いのに無理して働くことになる理由
某ポータルサイトの話題のつぶやきをたまにチェックしている。 だいたいの場合、そのときやっているテレビ番組の話題がランキングに入ってくる...
疲れが取れないのは長期休暇が取れないのも理由の1つ。ヨーロッパの人がバカンスを取る理由がわかった気がした
前回の記事で、少し前に3週間の休みをとったことを書いた。 もう休みは終わってしまったけれど、思い切って休みをとってよかったと思...

ブラック企業に社蓄化され過労で疲れてしまった人へ

長時間労働、サービス残業、休日労働……

こんな働き方を強いられている人でも、自分が「ブラック企業」にいる自覚がない人もいる。

「みんなやってるし……」と言うが、みんながやっているからといって、ただ働きや違法労働が許されるわけではない。

前にも書いたけれど、人間は無理をし続ければ、結局は身体を壊す。

その責任を会社はとってくれないこともあるのだ。

消耗品としてこき使われて、使い終わったら捨てる会社・人間も存在する。

あまりにひどい会社で働いている人は、転職を考えたほうがいいだろう。

ひどい労働条件を突きつける会社は、労働力不足で消えていけばいいのである。

こういうことについては以下の記事で書いた。

人生に疲れたなら、無職やニートになるのもアリ。日本人は働きすぎている
会社行きたくない。 働きたくない。 人生に疲れた。 ネット上にはこういう言葉があふれている。 こういう言葉は...
ブラック企業の社員になって社蓄化するくらいなら、バイトしたほうがいい
ブラック企業で、朝から夜遅くまで働かせられて、 心身ともにクタクタになって、 小さな幸せも感じないくらいの疲れた状態に追いやられてるのな...
日本で働く人を不幸にする原因を絶つ。1人でもできるブラック企業撲滅運動とは
日本の労働環境は、残業も多く、有休も十分使えないような状態が長年続いている。 「先進国」と呼ばれるカテゴリーの中で見たら、かなりひどい...