スポンサーリンク

日本の「普通」の人生はしんどい…… そのレールを外れることを選んだ筆者について

スポンサーリンク

このサイトを作っている俺について、どんなやつなのか気になる人が、もしかしたらいるかもしれない。

自分みたいな人間が存在しているということは、この世界にも同じような考えの人がいるに違いない。

この世の誰かと完全に同じ人間はいないので、同じようにやっても同じようになることもない。

だけれど、人がこの世界で経験したことを知ることで、単純に話として楽しめる場合もあるし、これからの人生を考える上で少しは役に立つのかもしれない。

本屋に、今までこの世で生きた人たちの伝記や人生の経験論についての本が並んでいるのも、他人の人生から何かを知りたいという人間の欲望があるという証拠だ。

すでにあれだけの本が出ているのだから、それを読むだけでも人生が終わるくらいの時間がかかる。

それくらい情報が溢れている中で、俺の経験したことが気になる人はかなり少数だろうが、このページに辿りついたレアな人のために今まで書いた自分自身についての記事を一応まとめておこうと思う。

スポンサーリンク

日本の普通の人生がしんどい……筆者の生き方について

まずはドロップアウトの定義についてとその理由について

俺が、この日本の「普通」の生き方をドロップアウトした理由は、いくつも理由が絡みあっている。

しんどいだけではなく、生き方に関する様々な違和感もあった。

一言では表すことができないので、以下に書いた記事を読んでいただけると幸いだ。

海外ひとり旅の後、休みがない日本の働き方をドロップアウトした理由
俺の人生の大きな転換期は、大学時代に就活するのをやめたときだろうか。 ドロップアウトした理由を聞かれたとしたら、この頃考えていたことを...
一人旅が好きな理由とドロップアウトの資質とは
「一人旅なんてよくできるね」 なんてことを言う人がいた。 俺からすれば、 「よく誰かと旅行なんてできるなぁ」 という...
社会に不適合だから人生つらい? 「ドロップアウト」の意味とは
このサイトを始めてから、すでに1年以上が過ぎているが、サイトのタイトルでも使っている「ドロップアウト」という言葉のこのサイトにおける意味を説...

こんな感じで、世界を旅してその有り様と日本の現状の比較したり、本を読んで作者の人生に対する考え方から学ばせてもらったり、自分自身の性格を省みたりした。

人生の価値観を模索することは、もう終わったことではなく、現在も考えている最中である。

大学卒業後、東京に住んで働き人生がしんどいと感じていた頃

大学を卒業してから、会社員になって働く以外ではどうやって生きていくのか試行錯誤の日々が始まる。

生活をするのに必要なお金をフリーター的な働き方で稼ぎながら、しばらく東京で働いていた頃の話が以下の記事だ。

東京での生活。仕事ばかりの人生になって疲れた。時間に追われるし、もう働きたくない
何年も前の話。 あの頃は、東京にいた。 毎日、朝、起きたくもないのに早く起きようとするんだけど、まだ眠いから布団でグダグダして、...
世間の価値観をドロップアウトして人生に後悔はないのか
普通に週5日会社に行って働く人に比べたら、俺は給料は何分の1かくらいだ。 大学のとき友達だった人たちは、けっこう給料をもらえる仕事につ...

日本の「普通」の人生には存在意義はいらない。それではしんどいのでレールを踏み外す

日本では、「普通」とか「平均」とか、どこの誰が決めたのかよくわからないイメージをもとに人と比較される。

学校教育やマスメディアを通して、そのイメージに近づくことが「良いこと」と刷り込まれて、いつのまにか自分の「好きなものがない」とか、「やりたいことがない」人間になってしまったりする。

日本は、何かの商品を作る工場みたいに、ある一定の規格の人間を量産したいようだ。

会社が求める規格内の人間がたくさんできれば、会社を経営する側、雇う側にとっては生産性が上がって都合が良いし、税金もたくさんとれると思っているからだろう。

そういう人たちは、人生とか存在意義とか考えないような人間が欲しい。

ただ会社の生産性を上げてくれれば、それでよし。

文句を言わない工場の部品になってほしいのだ。

一方で、日本は自殺率では、先進国という括りの中で常に上位。

東京に住んでいる人は特に感じると思うが、電車が人身事故であんなに止まるのは異常ではないか。

海外を旅してみても、電車に人が飛び込むことであんなに止まる都市に行ったことがない。

日本は金はあるのに死にたくなる国なのかもしれない。

そんな状態の日本について良いのか悪いのかは各人が考えることであるが、俺の意見は以下の記事で書いている。

世間の価値観をドロップアウトして人生に後悔はないのか
普通に週5日会社に行って働く人に比べたら、俺は給料は何分の1かくらいだ。 大学のとき友達だった人たちは、けっこう給料をもらえる仕事につ...
非常識と言われても、世間体なんて気にしないで自分らしく生きるほうが、幸せな人もいる
ドロップアウトする人たちは、「普通」を自ら外れたとか、あるいは踏み外さずにはいられなかった、何か常軌を逸したところを持つ人たちだと俺は思って...
週5日も働きたくないドロップアウトがまあまあ自分に合う仕事を見つけるまで
今やっている仕事は、そこそこ身体を動かす仕事なので、終わった後にはけっこうな疲労感がある。 仕事中は、椅子に座っていることはな...

しんどいから日本の「普通」を降りる。ドロップアウトの現在の生活とは

俺の現在の生活について。

毎日働くのはしんどいので、ここ数年は週休3日~4日をうろうろしていた。

週休3~4日の働き方にした理由。社蓄みたいに辛い仕事では働きたくない
週5日会社に通う生活はけっこうな時間を会社にとられてしまう。 「社蓄」という言葉は、会社に人生の時間をむしりとられている状態だ。 ...
自由に生きるには時間も必要。土日に仕事&節約で週休3日~4日さらに5日に?
学校の義務教育過程で、なんの問題もなく、するりと通りぬけてしまえるような人は、その後、就活も上手にして企業でもうまくたちまわっていけるだろう...
働きたくないから節約して週休3日~4日、低所得者ドロップアウトの生活費
はぁ? ドロップアウト? そんなやつ自分には関係ないし~、と思う人が一方で、 こいつどんな生活してるんだ、と気になるだろう人もい...

現在の生活スタイルとしては週休5日。

生活のお金のためだけの労働は週に2日だ。

仕事を1つ辞めて週休3日~4日を「ほぼ週休5日」にすることにした
今、1つ生活の軸にしている仕事があるのだけれど、それ以外に週1か2日くらいで仕事をしていた。 その仕事は、労働量は少なく楽だしお金も悪...

これからも少しずつ筆者の人生についての記事を増やしていく予定

まだ十分な時間がなくて、書いていないことも多いので、これから少しずつこのページに入りそうな人生についての記事を増やしていく予定です。

万が一、気になるような人がいるなら、たまには「ドロップアウト人生哲学」をチェックしてみてください。