人生に疲れたなら、無職やニートになるのもアリ。日本人は働きすぎている

スポンサーリンク

会社行きたくない。

働きたくない。

人生に疲れた。

ネット上にはこういう言葉があふれている。

「疲れた……」が溢れる日本社会。人生がしんどいと思うほど仕事が辛いのに無理して働くことになる理由
某ポータルサイトの話題のつぶやきをたまにチェックしている。 だいたいの場合、そのときやっているテレビ番組の話題がランキングに入ってくる...

こういう言葉は、現実で実際に誰かに向かって口にすることはそれほど多くないが、相当な数の人の脳内でまわりにまわっている独り言だ。

働きたくないのは、会社が自分にあっていないか、または職種が自分にマッチしていないのだろう。

人生に疲れてしまったのなら、今まで無理して自分に負荷をかけて走り続けてきたから、頭が疲れきっているのかもしれない。

こういう悩みを解決するにも、時間が必要になってくる。

自分にあってる仕事、本当にしたい勉強、どうやって生きていきたいのか、こういうことは自分自身のことを知らないとわからない。

そういうことを考えるには、けっこうな時間が必要なはずなのだが、日本で「普通」に暮らしていると、この時間をもつことがなかなか難しいのだ。

週5日、正社員で働いているだけでも、週のうち2日の休みしかない。

お金はあっても時間がない、忙しい生活で幸せか
俺は所得だけで考えれば低所得で貧乏だが、時間に関しては少し豊かな生活を選択している。 前に、なぜドロップアウトしたのかについては簡単に...

少しゆっくり寝て起きて、掃除や洗濯、料理などの家事を終わらせたら、休日のうちの1日は夕方か夜になっていることもある。

残った1日で、出かけたり友達と遊んだりしたら、あっという間に1日が過ぎしまう。

休んだ気にもならないので、「明日仕事行きたくない~」と日曜日の憂鬱に陥る。

月曜日に会社に行きたくない……完全週休2日制でも「日曜日の憂鬱」を抱えた仕事に行きたくない友人の悩み
この間、会社に月曜日から金曜日まで週5日働いている友人に会った。 そのときは日曜日の夜で、「明日仕事にやだなぁ~、会社にいきたくない~...

また残業が多かったり、有休も消化できない人たちも多い。

残業代の出ないサービス残業を強いられている人も少なくないし、土日まで働かせられる人もいる。

週休2日なんてマシなほうだよ、なんて声も聞こえてくるのが実情だ。

学校を卒業してから、こんな生活がずっと続くのだ。

何のために生きてるんだろうという疑問がわいてくるのも当然のことである。

スポンサーリンク

日本人は働きすぎ? 海外で出会った旅人には無職やニートも珍しくなかった

欧州では30歳くらいまで学生したり、いろんな本を読んだり自分のやりたいことを探したり外国で暮らしてみたりする人も少なくない。

実際、俺が海外に住んでみたときには、いろいろな人に会った。

海外ひとり旅の後、休みがない日本の働き方をドロップアウトした理由
俺の人生の大きな転換期は、大学時代に就活するのをやめたときだろうか。 ドロップアウトした理由を聞かれたとしたら、この頃考えていたことを...

今までは会社で働いてたけど、ちょっといろいろ自分の人生について考えたくなったので、国の外にでて、語学を学びながら、様々な分野の本を読み、これからの人生を考えていた30歳くらいのイタリア人の男。

学校を辞めたり休学したりして、29歳でもまだ学生をやりながら、様々な国を転々とし生き方を模索するドイツ人。

イギリス出身で、けっこういい大学をでたけど、仕事でうまくいかず、精神的に病んでしまったので仕事をやめて長期の休養期間をとることにして
海外をふらふらしてる30代の女の人。

40歳を越えたアメリカ人で、離婚して、車一つに荷物を詰め込んで、アメリカの東海岸から西海岸まで車を走らせてそのまま車を売り払い、必要なものだけまとめ飛行機で西海岸から飛び立って、世界を放浪してる男とか。

スペインから語学を学びに来てる20代~30代の人たちなんて、ほぼ無職だった。

不況下というのもあるだろうけど、仕事がなくて、親にお金を出してもらい語学を学んでいる人がかなりいた。

これが日本だったら「甘えんな」とか言われるんだろうか。

日本では、学生のように比較的時間をもつ猶予のある期間というのは20代前半までで、そのあとは仕事にあけくれる日々がまっている。

「普通」に生きていては、ゆっくり自分の人生を考える時間を確保するのが難しい

やりたいことが何もないと言う声はよく聞くし、自分とやっている仕事との相性が悪く、そのミスマッチがずっと続いてしまうのも、20歳を過ぎたら自己責任とか、考える余白をあたえない「厳しい空気」があるからだろう。

実際、履歴書に仕事歴のない期間があれば、次の仕事を探すときにマイナスになってしまうというプレッシャーもある。

この止まることなく働かせまくる労働環境、それが自分に合う人にはいいけれど、ついていけない人が多いから、こんなに「会社に行きたくない」、「働きたくない」、「人生に疲れた」とかいう言葉がネットにはびこっているのではないか。

日本人は人生を労働に向けすぎていて、働きすぎていると俺は思う。

下の記事でも書いたが、人生にはもっといろんな方向性があってもいいはずだ。

人生いろいろ。みんなと同じ道を行っても幸せになれない人もいる
7歳くらいで小学校に入学し、12歳で卒業。 13歳で中学校へ、そして16歳くらいで高校へ。 こうやって「~歳になったら~になる」...

「人生に疲れた」から働きたくないけれど、無職やニートには世知辛い世間・・・

だけれども、働くばかりの人生に疲れたと言って無職とかニートになっても世間の風当たりは強い。

仕事をしていない人、働かない人間は、「ダメ人間」の烙印を押され、社会から隔絶されたような気分にさせられる。

ニートとか無職とか、メディアにでてくるときは、ひどい扱いだ。

家庭内暴力とか、犯罪を犯すとかそういう場面での登場の仕方も少なくない。

そうなる人にも、家庭環境に問題があったり精神的にやんでいたり、理由がある。

だけれど、そういうのはニートとか無職の人の一部で、多くの人はそうではなく、静かに毎日を営んでいるはずだ。

これもメディアの得意技で、できるだけ目立つ人たちにフォーカスを当てまくって、一定の印象を植え続けてきた結果、現在のニート・無職のイメージがある。

そして労働していない人はどうしようもないという教えを、下の記事でも書いたように教育とメディアを通して刷り込んでいると俺は思う。

働きたくないのに会社でなぜ働くのか? 仕事の「我慢」には洗脳が潜んでいる……
人間は、毎日、同じように毎日同じことを繰り返しているほうが楽らしい。 朝起きて、顔を洗って、食事を食べて、準備をして、会社に行って、仕...

そういったふうに価値観というのは自然なものでなく作られるものなのだ。

こんな価値観が一般化しているのだから、自分が無職・ニートになったときに自分を卑下してしまう人も多いかもしれない。

都会ならまだしも、地方の田舎だと、「あの家の~はまだフラフラして……」なんて噂されることもある。

俺も完全に無職だったときがあったし、噂が耳に入ったこともあった。

だが、たとえ否定してきた人がいても、そういうことを言う動機は、ただの話の種にしたかっただけか、自分のほうが優れているということを暗に言いたいくらいのものだ。

そういう無職やニートの状態を否定してくる人の言うとおりにして、失敗しても何の責任もとってくれないだろう。

だいたい、「お前は無職とかニートだからダメなやつだ」みたいなことを言われても、そう思い込むことで、自己肯定感は下がるし、自信喪失につながる。

そんな状態で仕事探しをしても第一印象のイメージが悪くなって、面接でも受かりづらくなり、負のループが続いていくだけじゃないか。

「あなたのためを思って……」なんて言いつつ、存在を否定してくるような人たちは、自分が「善い人間」になりたいだけで、何をしているか気づいていない。

下の記事にも書いたように誰かを規定する言葉というのは、暗示をかけるような効果があるからだ。

あなたを「ダメ人間」にする一緒にいてはいけない人たち。アイデンティティが歪む?
「お前はダメだ」 「~は…なところがダメなんだよ」 「お前、つかえね~な~」 「もっと~になりなさい」 こんな言葉を毎日、誰かに...

焦って何かを決めて、また失敗すれば、さらに自信がなくなって、負のループにハマってしまう。

働きすぎて「人生に疲れた」のならばゆっくり考える時間も必要

人生に疲れた。

無職・ニートになって何もしたくない。

労働するのが絶対の価値観になっている日本では、そんな気分になるのは当然だと思う。

だからこそ、ニートとか無職期間というのは、実は自分のこれからの人生において重要な時期なのかもしれない。

人生の進む方向をよく考えて舵をとり、人生の行路を大きく変える転換期だったと後々思うこともありえるからだ。

もしあなたが、今まで止まることを知らず、人生を走り続けてきて「人生に疲れた」と疲弊してしまった人であるとする。

だとするなら、あまり本格的に仕事を探しまわるよりも、適当にバイトでもしながら、自分の人生をゆっくり考えたり、興味のある本をよんだり、ときには旅に出たり、いろいろな生き方をしてる人にあったりして、自分の人生をゆっくり考えてみるのもアリではないか。

そんな時間が人生にはあってもいいと思う。

というか上でも書いたけれど、日本以外の国の人はそれをしている。

働くだけが人生じゃない生き方があっていいはずなのだ。

土日の週休2日じゃ休みが少ない。もっと仕事を休みたいし、週5日も毎日働きたくないよ
週5日働き、土日しか休みがないライフスタイルだった頃がある。 そんなの普通じゃん、って思う人もいるだろうが、俺の現在の生活は週休3~4...

そもそも、そういう時間がなかったら、自分の幸せを考える時間もないのだから、幸せにも、理想の生活にも近づくこともできないのではないか。

人生を軌道修正なしに行くのは、(そんな人いるかわからないが)最初からはっきりと自分の人生の先が見えていたラッキーな人以外は、むしろ危険なのではないか。

無職やニートの期間というのは、その人が自分の人生の中で自分が幸せになるためにどうすればいいのかを考える時間を、長い人生のうちで、与えられるべくして与えられたのかもしれない。