スポンサーリンク

無職・ニートになった後、働きたくない。お金がないのに仕事・職探しを先延ばしで後悔

スポンサーリンク

俺にも、仕事を辞めて無職になり実家でニートをしている期間があった。

週5日で働いていた後のことで、少し頭がいっぱいになっている感じもあって、とりあえず休もうと思って、ゆっくり寝たり、本を読んだり、外に散歩したり、自分の好きなことをやっていた。

(現在もたいしてやっていることは変わらないが)

これは、判断としてはけっこうよかったと思っていて、だんだんと自然に気力も湧いてきた。

気力が湧いてからも、元気は元気なのだが、もう少しゆっくり本でも読みたいなと思って家にいたのだけれど、家賃を無料にしてもらっているとはいえ、税金は取られるし、ちょっと外に行けばお金もへっていく。

年金の減免届けを出しているとはいえ(無職で出してない人は出してください)、収入がゼロになっている身としては税金だけでイタい出費だ。

無職・ニートになったら税金も節約したい 仕事を辞めるとき退職手続きについて知らないと損すること
仕事をやめたら、お金は減っていくばかりだ。 家賃、光熱費、税金の支払いだけで、けっこうな額になる。 それに食費は生きていくのにど...

大した貯金もなかったが、それでも貯金残高が目減りしていくのをただ見ているのは気分良くはない。

それでも、まだいいだろうと、失業手当てが終わってからも、面倒な職探しを先延ばししていた。

無職・ニート状態から脱出したくないわけではなかったが、また労働の毎日も嫌だった。

だけれど、働かねばお金は減っていく。

ゆっくり休むためだったのに、この先延ばしによって、お金が減っていくスピードが増し、逆に焦りを生じさせていた。

結果として焦りがイライラと自己卑下につながり、精神的に鬱屈した期間もあった。

今思えば、あのとき週2日くらい働いておけば、〇〇万円くらいお金に余裕があったのになぁ、なんて思ったりするんだけれど、それも後の祭り。

それでもまだ「完全にお金がない!」というわけでもなかったから、その後、適当に週2~3回くらい仕事をすることになって、時間に余裕がある生活を保てた。

俺の友達には、類は友を呼ぶのか、無職・ニートの友達や、そういう期間を経験した友達が少なくないのだけれど、皆同じように、貯金が減る前に週に1回か2回くらい軽めの仕事で稼いでおけばよかったという。

そうすれば、お金が減っていく圧迫も軽減されるし、気持ちに余裕が持てるから、というのも同じ理由だ。

最近も、ここ何ヶ月か無職でいた友人が、貯金残高の減り具合に焦り、重い腰をやっと上げた。

彼の場合は、貯金がなくなるギリギリのところまでいっていたので、週5日くらいで働かざるを得なくなってしまい鬱々としていた。

「もっと早く適当に仕事をしておけばよかったんだけどなぁ……」と彼からも同じような言葉がこぼれるのを聞いた。

何もやっていない状態が続くと、変わらない状態を維持するようになり、そこから変化をしたくなくなる。

そこまでお金に余裕のない人の場合、この状態から抜け出せなくなると、お金が減っていくがやる気もでないという泥沼にハマることになりかねない。

消費者金融やクレジットカードの支払いに追われるようになる前に、余裕をもって行動したほうが後々の気分に断然の違いが出ると思う。

スポンサーリンク

仕事を辞めたらすぐに就職せず、ゆっくり休んだ後に仕事探しのことを考えるのもアリ

忙しく働いてきた人は、とりあえず休んだほうがいいと思う。

また今まで働いてきて何か違和感を感じて来た人は、すぐに週5日とかのフルタイムの仕事では働かないほうがいいんじゃあないか。

たいして休みとらず考えもしないで、すぐにまた仕事を探す友達がけっこういたが、俺からみた感じだとミスマッチを繰り返す傾向があると思う。

前の自分の考えと変わらないまま、同じように職を探しているのだから、同じ結果になるのは十分に考えられることなのだけれど、焦っているときにはやりかねない。

焦って失敗すれば、いやいや仕事をする毎日にまた逆戻りして、「会社に行きたくない……」と思いながら毎日を過ごさなくてはならなくなる。

人生に疲れたなら、無職やニートになるのもアリ。日本人は働きすぎている
会社行きたくない。 働きたくない。 人生に疲れた。 ネット上にはこういう言葉があふれている。 こういう言葉は...

そもそも自分のことをよく知らなければ、どんな職種が本当にやりたいことで、どんな職場が、どんな働き方が自分に合っているのかもわからない。

学校教育では、受験勉強のためだけの勉強を延々とやるだけで、自分のことを考えるために時間がほとんど使われていないからか、やりたいことがわからない人がないと言う人が少なくない。

自分の人生を振り返ったり、人生の進む方向を考えるには時間が必要だ。

しかし「先進国」といわれる括りの中において、日本は雇用に関係する社会保障が手厚くはない。

そのため時間を得るためにも生活するお金をどうにかして稼がなくてはならない。

雇用保険をかけていたとしても自己都合だと3ヶ月後からという制限があったりして雇用保険の手当ても使えないし。
(週5日のものが多いけれど、職業訓練をうければすぐもらえる)

福祉が手厚い国に生まれなかったのも運命か。

そうだとするなら、「お金がない !」と圧迫させられる前に、精神的な負担にならない程度、週に1~2回くらい働き、少し金銭的な余裕をもちながらゆっくり考える時間をもつようにしたほうが、お金のことで鬱屈させられるよりはずっといいだろう。

俺は、無職になったら失業手当がもらえない場合、清掃バイトから始めることにしているが、職種に関しては自分の適性にあったものを選べばいい。

無職やニートからの仕事復帰には清掃のアルバイトがいいかも
しばらく仕事をしていないと、新たに仕事をするのが億劫になる。 まだいいか、と思って先延ばしを繰り返して、ダラダラしてしまうこともある。...

家の近くで清掃のバイトを探す〔タウンワーク〕

自分に合った職種があるなら、単発バイトで月に数万程度働くというのも1つの手だ。

短期のバイトは、たとえバイトの環境が合わなくても、期間が限定されているので後腐れなく辞められる点は気分として楽。

単発で探すなら場合は、給料の高い求人が多く人気サイトのバイトルや、シフトの融通のきく求人を中心に集めているシフトワークスで週に数回のバイトを検索してみたり、定番のFrom Aで短期のバイトなどいろいろ方法はある。

バイトルで高時給の単発バイトを探してみる

シフトワークスで週数回の仕事を探してみる

From Aで短期のバイトを探す

もしくは、俺がやっている方法だが、土日に高時給で働いて、最低限の収入を確保するというのも1つの手だ。

自分の時間がない社蓄みたいな「働きすぎ」から脱出したい! 土日祝限定の高収入の求人を探してみる
土日は、多くの方にとっては休日だ。 俺は、土日の方が少し給料が高いので、土日に働いて平日は休むという逆の生活を送っている。 ...

少しでも働いて収入があると、貯金残高が大きく減っていくのを見る辛さも軽減される。

貯金が底を突きそうになってからだと、週4日とか週5日勤務で働かなくてはいけなくなるから辛い。

そうなると時間の余裕もなくなり、また労働中心の毎日に戻ってしまう。

少しお金に余裕がある状態で週1日か2日働く程度なら、週休が5日くらいあるわけだから、そんなにあくせくしなくとも考える時間をもてる。

失業手当をもらえたり、貯金があったり、ニートになれる状況がある人はこういう時間的な余裕はつくりやすいはずだ。

完全無職ではなくなるが、このほうが長期的に時間に余裕がある状態をつくりやすいし、適度に外にもでていくので、精神にも健康にもいい。

(1人暮らしで家賃がかかる人は、無職になったら住宅支援給付はもらっておこう。東京なら5万くらいは3ヶ月間もらえる)

無職・ニートになったら税金も節約したい 仕事を辞めるとき退職手続きについて知らないと損すること
仕事をやめたら、お金は減っていくばかりだ。 家賃、光熱費、税金の支払いだけで、けっこうな額になる。 それに食費は生きていくのにど...

こういう時間に余裕のある状態なら、本を読んだり、散歩したり、ボーっとしたりしているうちに、自分自身のことについて新たに気づく機会も多く、それが今後を考える上で役立つこともある。

自己分析は時間のあるときにこそできることだ。

自己分析できるFuture Finder

この無職・ニート期間が自分の今後を変えるのかもしれないし、できるだけ精神的にゆとりをもったほうがいいだろう。

本を読むことで、普段は会えないような人の話を聞き、生きるヒントを得られることもある

たとえば、本を読むことで、現実には会う機会のないような人間の話を聞くことができる。

著者が経験豊富で幅広い知恵をもっている人なら、話を聞いているうちに自分の人生を考える上でヒントをもらえることもある。

俺も心理学の本を読みあさったりしたことが、人生の考え方の変化につながったのかなと今では思う。

河合隼雄さんの『ユング心理学入門』は、自分の生まれ持った性格、経験で身についた性格を見つめなおしたり、人生の進むべき方向を考える上で役にたった本の1つだ。

活字が苦手な人には、著者は違うが漫画でもユングについての本が出ているので読んでみるといいかもしれない。

ユングの考えていたことを知って、自分のことって自分でもよくわかっていなかったんだなぁと改めて感じた。

俺の場合は、生育過程から心理的な抑圧をそこそこ受けてきていると思うので、いろいろな本を読み漁っているうちに、その抑圧している原因に少しは気づくことができたからか、前より自分に素直に生きていこうという心境になれた気がする。

それからは、あんまりどうでもいいプライドとかに振り回されることが少なくなった。

「働く」ことに対する意識も変わり、紆余曲折を経て、現在の週休5日のライフスタイルにいたる。

時間がないと生活の質が下がるので土日は休みをとらず仕事をすることにした
土日は俺にとっては働く日。 土日というと、休む人は一般的に考えて多いし、外出するにも混んでいる傾向にある。 前にも言ったとおり、...
仕事を1つ辞めて週休3日~4日を「ほぼ週休5日」にすることにした
今、1つ生活の軸にしている仕事があるのだけれど、それ以外に週1か2日くらいで仕事をしていた。 その仕事は、労働量は少なく楽だしお金も悪...

現在は本を読んだり、こういうブログを書いたり、自分の好きなことをやるための時間もあって、普通の人に比べお金はないが、時間の余裕はあると思う。

もちろん嫌なことはあるが、自分自身のことを捨てたような生活をしていないので、以前みたいに毎日なんかダルいなぁという感じはだいぶ減った。

たぶん、自分の人生についてゆっくり考えることができた無職・ニート期間がなかったら、今も疲弊するだけの毎日を送っていただろう。

東京での生活。仕事ばかりの人生になって疲れた。時間に追われるし、もう働きたくない
何年も前の話。 あの頃は、東京にいた。 毎日、朝、起きたくもないのに早く起きようとするんだけど、まだ眠いから布団でグダグダして、...

労働から解放される無職・ニート期間は、日本では貴重な自分自身と向き合える期間

無職・ニート期間は、「普通」の人からみれば、ダメなやつが陥る期間とみなされるのかもしれないが、俺が思うには日本において労働中心の生活から解放される貴重な期間だ。

できるだけ、「仕事に行きたくない」と思うようなことを繰り返さないためにも、本当はどうやって生きていきたいのか、自分のことをゆっくり考える時間を今のうちにもっておけば、これから仕事選びで失敗することも減るかもしれない。

ゆっくり休んだ後、頭が少し自分のために回転してきたら、お金の心配に追われる前に、ちょっとだけ働きながら、今までの自分を振り返ったり、これからの生き方をゆっくり考えるのがいいというのが、俺自身の経験でも周りの無職・ニート期間を経験した友達に聞いたところでも意見が一致するところ。

お金はなさ過ぎると、本当に心を蝕むし、焦りも生じさせて、人生の選択を誤りやすくなる。

行動を起こすのは面倒だけれど、ギリギリまで待つより、少しだけ早めに行動に移しておいたほうが、長期的にゆっくりと考える時間をもつことができるし、自分と向き合う余裕も生まれて、結果的にいい方向に行くんじゃないかと思う。

無職やニート状態から脱出して社会復帰するためにオススメな楽な仕事・バイトとは
1度無職・ニートになって、その生活にハマると、お金がなくなりそうでも仕事をする気力がでなくなる場合がある。 起きる時間が徐々に遅くなり...