スポンサーリンク

GWゴールデンウィークや大型連休に旅行しても渋滞&混雑がヤバい! バイトしたほうがマシかも

スポンサーリンク

俺は金はないが、なんとか週休5日の生活を送っている。

お金は主に土日に稼いで、平日はこのブログを書いたり、趣味に使ったり、喫茶店やカフェに行ってコーヒーをのんで道行く人を何となくみていたりする。

今週はGWと略す人もいるゴールデンウィーク。

最大9連休の「大型連休」らしい。

ヨーロッパでは1ヶ月の有休を普通にとれるので、そういうのを日本ではなんと表現するんだろう。

「超スーパーウルトラ連休」とかいい始めるのだろうか。

でもそんな連休が日本でとれることは、この「労働」を美徳として疑わない現在の状態を見ていると何十年後でもなさそうだ。

働かないだけで蔑まれ、自分たちで生活保護を批判したり、時給を上げろと訴えるデモを労働者が批判して、自ら権利を放棄してしまうんだから。

(それだって、メディアをつかっていろいろな方法で仕向けられているのかもしれないが……)

自分が働いているときは、目のフォーカスが自分のいる「働く社会」にしか向いていないから、それでいいと思うのかもしれないけれど、その外側にある世界にいつ自分がいくかなんてわからない。

ほとんどの人が自分がマイノリティになった経験がないから、想像が働きにくいのかもしれないけれど。

その浮いたお金がどうでもいいことに流用されて金持ちに流れている可能性は大なのに。

生活保護の不正受給、本当の問題点は? 俺も貧困層にロックオンされたので考えてみた
ツイッターで「貧困」の目安に関するつぶやきを見かけた。 テレビでどこかの教授かなにかが話していたらしいのだが、 手取りの収入から家賃...

税金払って、その使い道を全く知らないというのは、ただの払い損。

たとえばチョコ買うにも、あまりに値上げされても、内容量が増えたり質が上がらなかったら、客は納得しなくなって、お店では売れなくなるはず。

なのに「税金」という名がついていると、値上げされても内容を吟味せず、みんなお金を簡単に払ってしまう。

本当は税金が何に使われているか、を今まで知らなかったり、詳しく知りたい人は下の人のブログや苫米地さんの本を参考に。

特別会計のカラクリ P.66 - ma30の日記
スポンサーリンク

GWゴールデンウィークや大型連休は渋滞と混雑で疲れるだけ

また話が脱線していた。

ゴールデンウィークのことだった。

9日連休だって、毎日あれだけ席が埋まっているだけではないぎゅうぎゅう詰めの満員電車に乗って、夜遅くまで働いて、また満員電車に乗って帰ってくる都会のハードワーカーの人たちは、身体を休めるだけでも少なくとも何日かは必要だろう。

だがゴールデンウィークに外出して遊びに行くにも、高速道路は渋滞するわ、電車は混んでるわで、移動だけで疲れる。

どこか旅行に行っても、だいたい観光スポットは人でいっぱいで、それだけ混んでいたら1人あたりの満足度はどうしても下がってしまうのにも関わらず、宿代の値段は高くなるし。

価格が安いことが売りの高速バスでさえ、ゴールデンウィークは高いんだから、困ったものだ。

夜行バス比較サイトで価格をチェックしてみる

以前に話をした日本に住んでいるウェールズ人も、ゴールデンウィークとかお盆はあまりに多くの人がいっせいに同じような行動をするから、休みなのにむしろ大変だと言っていた。

それなら、給料だって高くなるし、ゴールデンウィークなんてバイトしたほうがいい人もいるのではないか。

時間がないと生活の質が下がるので土日は休みをとらず仕事をすることにした
土日は俺にとっては働く日。 土日というと、休む人は一般的に考えて多いし、外出するにも混んでいる傾向にある。 前にも言ったとおり、...
自分の時間がない社蓄みたいな「働きすぎ」から脱出したい! 土日祝限定の高収入の求人を探してみる
土日は、多くの方にとっては休日だ。 俺は、土日の方が少し給料が高いので、土日に働いて平日は休むという逆の生活を送っている。 ...

俺は週2日しかお金のためだけの強制労働はしてないので、その2日を休みにすれば、いつでも12連休がとれることになる。

金に余裕があるわけではないので、なかなかそんなことはしないけれど、たまにちょっと疲れたなと思ったときは、気分転換に休暇をとることもある。

同じことの繰り返しをしているとマンネリ化してくるので、そういう習慣的なのをぶち壊したいときには効果抜群だ。

12連休くらいにして、まず3~4日間寝続けると、身体と気力はけっこう回復してくる。

週2くらいの休みでは俺は疲れがとれなかった。

取れていると思っていたが、毎日「疲れた」とどこかで思っていた。

東京での生活。仕事ばかりの人生になって疲れた。時間に追われるし、もう働きたくない
何年も前の話。 あの頃は、東京にいた。 毎日、朝、起きたくもないのに早く起きようとするんだけど、まだ眠いから布団でグダグダして、...

前に書いた記事で紹介した『心の疲れをとる技術』という本によると、休みに外出して遊びにいっていたのでは、身体は休まらないらしい。

ちゃんと身体を休める日をとらないと、疲れは蓄積していくようだ。

この本を読んで実は自分の身体の休め方も、よく知らなかったんだなと思った。

「疲れが取れない」人が知っておくべき、疲れをとる方法
人は、無理をすれば疲れる。 だが、日本には無理をするのが称えられる社会風土があるため、暗黙のうちに無理を強いられる。 たくさんの...

週休5日、土日に働くという生活が、少しずつ身体に馴染んできた自分にとって、ゴールデンウィークなんて全然嬉しくもなんともない。

街にいつもより人がいて、不便を感じることの方が多い。

GWに限らず、大型連休の渋滞も混雑も嫌いだ。

カフェの席も空いていなかったり、道も歩き難いし。

やっぱり、人ごみが嫌いな俺みたいな人間は、平日に休む生活をして正解なのかもしれない。

普通の人と全然違う道を行ったほうが幸福度が上がる人もいるのだろう。

みんながみんな、ワイワイしたり、SNSに「リア充アピール写真」を張ったりするのが好きなわけではないし。

まあとにかく、俺にはゴールデンウィークなんて、全く「ゴールデン」ではない。

お金を余分にかけて、いつもより人が多いところに出かけていくのは損でしかない。

個人的には「ブラックウィーク」とでもいったほうがふさわしいような気がする。

暇より仕事が忙しいほうがいい? 「自分の時間」よりも「お金」が欲しい人が多いのか
病気のせいで仕事ができない。 毎日、完全休業状態。 おかげで収入0、キツい。 そろそろ仕事しても良いというサインを医者がく...