スポンサーリンク

もっと寝たいのに! 睡眠時間が足りない・不足する状態では、幸せになれない?

スポンサーリンク

昨日は睡眠時間を十分にとることができなかった。

もっと寝たかったのだけれど、なぜか夜に寝付けない。

こういうことは俺には滅多にないんだけど、その日は昼寝をしたからか全然眠りに入ることができなかった。

新聞配達のバイクの音が聞こえてくる。

そんな時間になっても、眠れない。

結局寝たのは夜が明けてから。

午前中に用事があったので、ずっと寝ているわけにもいかない。

短時間の睡眠の後、眠気が身体にズシンとのしかかる。

朝食をとっても頭はボーっとする。

用事を済ませるために外出。

それを終えた後は、喫茶店にいってちょっとした作業をやったのだが、眠気がまとわりついて、なかなか集中できず。

気づくとボーっとしている。

いつもボーっとしてんじゃないかと思われる人もいるだろうが、いつものボーっとしている感じのときは意識ははっきりしているので、眠いときのボーっとしている状態とは、ちょっと質が違う。

睡眠が十分取れているときは、ボーっとしていても頭の中の動きは、スーッと流れていく。

だけど、睡眠が不足しているときには、頭を動かそうにも、すぐに休止モードに入ってしまうかのように、思考がすぐに途切れてしまう感じがする。

しかも身体も少しダルい。

大して、作業は進まず時間だけが過ぎていく。

いつのまにか1時間以上が過ぎていた。

スポンサーリンク

睡眠時間が不足すると、幸せになれない?

上に書いたように睡眠時間が不足すれば、意識がはっきりしなくなる。

そういう状態で、何か作業をやろうとしても、当たり前のことだが普段よりも処理能力が落ちて効率が悪くなる。

じゃあ作業をやるのはやめて、活字でも読もうかと本を開いても、文字が頭に入ってこない。

映画を見ていれば、当然寝てしまう。

誰かと話をしたって、話が頭に入ってきにくい。

喫茶店で、外に通る人の流れを見ていても、いつもなら流れていく時間に意識がいったり、その感じがなんか贅沢でいいなぁとか思ったり、他のいろんなことに考えが派生していくんだけれど、そういうことも起きず、ただ意識がふわっとなっている感じで時間だけがすぎていく。

俺が幸せを感じる瞬間というのは、ゆっくり時間が流れていくのを感じとれる(ような気がする)ときなのだが、これが睡眠時間が不足していているとそういう感覚さえも鈍くなってしまう。

五感も鈍くなっているのだろう。

特別で大きな幸せっていうのは、人生ではほとんどやってこない人がほとんどではないだろうか(俺だけかもしれないが……)。

一方、日常にある小さな幸せとか幸福っていうものもある。

それは、自分の感覚が鈍っているときには気づきにくい。

睡眠が不足すれば、幸せがあっても見過ごすことになり、結果的に幸せになれないという結果に陥る可能性が高くなるということだ。

ということは、睡眠が不足している状態は、幸せになれない大きな要因になり得るということになる。

俺は週に5日間休み(自分の都合が利く日)があるので、あまり睡眠不足になることはないのだが、今回のたまたま睡眠時間が不足したことで、睡眠時間を十分にとることの重要さを改めて知った。

週休3日~4日から突然週休2日になって思ったこと
仕事でどうしてもと頼まれたので、今週だけ週5で働くことになった。 今週だけならいいかと、安請け合いしてしまった。 やってみて思っ...

睡眠は幸せ・幸福と密接につながっている。

多くの人は、あの布団に入ったときのぬくもりや、二度寝するときの心地よさを知っているだろう。

あの快の感覚は、幸せと直結していると思う。

生きていくのに必要な要素というのは、無理して削ってはいけないということだ。

活動時間を増やすために睡眠を削り、効率を重視したところで、結果的に幸せを逃していているのでは本末転倒。

幸せを感じるために行動しなければ意味がない。

眠いとき・寝たいときに十分に寝れる、できる限りそんな生活スタイルに近づけていきたい。